ウォーゲームと読書の備忘録。

 

机上演習場

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>06
04月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 22:02:07 «Edit»
2009
04/13
Mon
Category:Combat Commander

パラ・パラの戦い 

28 March 2009
 一緒に注文してもらってたCombat Commander : Pacificを受け取りにkataさんちへ。
 手軽なものをひと勝負、ということでCombat Commander : Europeを対戦。
 シナリオは6。
 D-day翌日のサンメールエグリーズという設定。
 勝利得点の対象となるお屋敷には、米独両軍が配置できるのですが、迷った挙句、弱体のConscript(混成?)分隊ユニットを配置。
 さっそく蹴散らされましたが、時間稼ぎにはなったかも?

CC:E S5

 防御側の独軍を担当したので、手札は少ないし、配置のまずさか一方的にユニットを除去されてましたが、手札が煮詰まってもドンドン捨てて山札が無くなれば、Timeマーカーが進むので、カードプレイはあまり悩まず気楽でした。
 とは言っても損害ユニット数は米軍1に対し、独軍6。
 9ユニット除去による敗北もあるかな~と意識しだしたところで、ターン経過によるサドン・デスで、いちおう独軍勝利。
 舗装道路際に配置した独軍降下猟兵は踏ん張ってましたが、両翼から勝利得点家屋へ米軍迂回部隊が迫ってましたし、ろくに損害を与えずじまいだったので、勝利感はあまりありませんでした。
 プレイ中はイベントやらで楽しめましたけど。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 00:44:33 «Edit»
2009
04/02
Thu
Category:ウォーゲーム

Blood & Steel 

21 March 2009
 いりぞうさんとこへ、今回は車で。
 ある橋の手前で渋滞。
 やっと橋の上にあがると前方に煙が。
 ここはナイメーヘン?あそこはアルンヘム?
 この日は野焼の日だったそうで、たなびく煙は硝煙に非ず、野焼のけむり。

 いりぞうさんとこでは、L2DBlood & Steelをプレイ。

Blood & Steel

 テーマはクルスク戦南方、プロホロフカ戦車戦。
 1ヘクス=800m、ZOCなし。
 独:1ユニット=連隊で、SS3個師団が初期配置されます。
 ソ連:1ユニット=師団の消耗した前線歩兵と、3個旅団から成る空挺歩兵を、盤上の村その他にフリーセットアップ。
 1ユニット=旅団の戦車軍団が、ソ連プレイヤーの選択で、増援として登場します(最大5個軍団)。
 航空支援とソ連の砲兵支援を決定した後は、独:師団/ソ:軍団ごとにチットで活性化し、ユニット/スタックごとに、移動or射撃or移動・射撃or射撃・移動を行います。移動中、相手ヘクスに入ると近接戦闘になって、どちらかが後退or全滅するまで射撃の応酬。チットを引き終わると混乱マーカーを除去して、行動していないステップロス・ユニットの回復を行って、ターン終了。
 コマンドの付録になったSS:Panzerをもっとシンプルにした感じ。手元にないんでおぼろげな印象で、ですが。
 シンプルなルールでユニット数も少なく、あいだ駄弁ったりしながらも2回プレイできました。
 写真でいくと下方盤端(東)近くにプロホロフカがあるのですが、占領すると1点というのは盤上の他の村と同じで、独軍は北方盤端(写真だと右手)からの離脱に得点が設定されているので、あまり争点にはならなそう。
 ソ連軍戦車軍団は登場させない軍団毎に2点になりますが、2戦とも結局全て投入されました。

 1回目は中央のLAH師団が消耗して西方に下がった形で終了し、いちおうそれっぽい展開?
 村落はほとんどソ連側のままだったのでソ連勝利。
 ユニットは、1打撃で混乱、混乱状態で打撃を喰らうとステップロス、混乱+ステップロス状態で打撃を喰らうと除去なんですが、互いに慣れておらず止どめを刺せず。
 ソ連側戦車部隊の登場位置が南になることが多かったので戦場から遠かったのも大きかったかも。

 2回目は戦車軍団の半分ほどが北方に出て、2~3個軍団で集中攻撃を行い、独軍北翼が崩壊。
 それでもゲーム終了時、独軍が除去されたユニットは5個ほど。これは得点に関係しないんですが、1回目と同じく盤上村落のほとんどがソ連軍占領下のため再びソ連勝利。

 ユニット数の少ない独軍が盤上村落の占領数で勝るのは難しそうなので、ゲーム終盤には北方からの離脱が必須なのかも。
 南方の線路上の村落は、勝利得点上維持する必要があるので1個師団を張り付けておき、残り2個師団は盤上を駆け回って先制攻撃しつつ、最後は北方へ突破する、というのが勝利条件から誘導される展開のようです。
 射撃力は独軍が優越してますが、行動回数や移動力は両軍同じなんで、損害比はあまり差が出ないかも。そうすると突破後の盤上にはかなりソ連軍の戦力が残りそうな気がします。
 お手軽でいいけど、勝利条件は少し引っかかるなあ、という感想でした。
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。