ウォーゲームと読書の備忘録。

 

机上演習場

02< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>04
03月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 02:54:01 «Edit»
2009
03/08
Sun
Category:書籍

眠らせてくれない 

・・・って漫画がですけどね。
 花粉症の時期は、規則正しい生活を送りたいんですけどねー。
 3冊買い込んで、読み始めたら止まらない、止められないという状態に。
 コマ割りも大きいし、まあいいだろうと、最初に手に取ったのはハチワンダイバー第10巻。

ハチワンダイバー 10 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 10 (ヤングジャンプコミックス)
柴田 ヨクサル (2009/02/19)

商品詳細を見る

 文字どおり地下にある地下賭博場「独立将棋国家」を抜けるため、ひたすら賭け将棋。
 あっさりやられるキャラ達はオッサンの方が味がある感じ。
 こうも将棋バカがそろう世界があるだろうかと思いつつも、全てをひとつのことに賭けられる主人公たちが羨ましい。とはいえ、地下筆頭「右角」が出てきたところで終ってて、これではどうにも不完全燃焼で、次へ行ってしまいました。

ヴィンランド・サガ 7 (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 7 (アフタヌーンKC)
幸村 誠 (2009/02/23)

商品詳細を見る

 表紙はクヌート王子、物語は玉座を巡る暗闘に移ったのですが、後のクヌート王も主人公トルフィンも押しのけて、アシェラッドの独壇場の感があります。スヴェン王との駆引き、ビョルンとの別れ、少年期の回想・・・「二匹の孤狼」という46話のタイトルもいいですね。
 ここまで孤独に生きられるものだろうかと思いつつ、レイフとトルフィンの再会で、いつかヴィンランドをトルフィン自ら目指すことになるのだろうけれど、どう描かれるのか、そちらへの期待も膨らみます。

 と、すっかり現実を忘れた状態で、前巻から1年半以上待たされたものを読まずにいられるわけもなく。

ヒストリエ vol.5 (アフタヌーンKC)ヒストリエ vol.5 (アフタヌーンKC)
岩明 均 (2009/02/23)

商品詳細を見る

 親の敵に逆らえない、と嘆く兄、ヒエロニュモスに対するエウメネスの言葉が沁みました。

 カルディア編は完結し、いよいよマケドニアへ。
 マケドニア編は登場人物の多くが歴史上の人物(のはず)。
 知らなくても読ませてくれるはずですが、次巻までにはまた間もあるでしょうし、もう少し知っておきたいなあと思いました。と言った舌の根も乾かないうちですが、しかしこれ、描くのがすごいしんどそうな気がします。資料も少ないんだし、どこか開き直らないと辛いんじゃないかなあ。
 史実は表面なぞるくらいにしておいて、岩明さん独自の世界を期待したいと思います。心配するまでもなく、オリュンピアスとヘビの幕間からして興味津津なんですけどね。
 もうひとつ、この作品でもモノ作りへの関心が目を引きます。この巻でもエウメネスは、貴族の屋敷にある泉水の仕掛けを直したり、王子アリダイオス用のおもちゃを作ったり。こちらもまた何か出てくるのかなーとちょっと期待してます。

・・・って感想書いてまた夜更かし。また起きると花粉症が厳しそう・・・。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。