ウォーゲームと読書の備忘録。

 

机上演習場

06< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>08
07月の記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 13:27:02 «Edit»
2008
07/26
Sat
Category:Grand Tactical Series

08/07/12 TDC Adv. Scen. 3 "A Bridge Too Far" 

 The Devil's CauldronのAdvanced Senario 3を3人で。
 第1空挺との合流を目指してアルンヘムに向かう英第43師団と、迎え撃つSSフルンツベルク師団。
 独軍がkata氏、連合軍はkotano氏と私。

<カメラを忘れて携帯で。終了時、d23,0900turn?>
The Devil's Cauldron

 kotano氏の左翼は、一番手前に配置されていた消耗した独軍を掃討した後、中央近くの装甲部隊は避けて、ユニットの配置されていなかった左翼盤端の村落へ。
 独軍も対応して部隊を派遣し、そちらが先着というところで帰宅のため引き継ぎ。
 増援で登場し右翼に向かった部隊はRaised Roadの先に待ち構えるDirect HEとRaised Roadの制限に引っ掛かって進めず。
 引き継いだ左翼で待ち構えるティーガーをどうにかしようと臨機射撃を受けつつ接近した過程で、ルール間違いに気がつきました。

 Fire Zoneについて、敵ユニットが隣接すると1へクスに減少、という点は把握してましたが、Barrageマーカーが配置されたへクスにいても1へクス、というのがすっかり抜けてました。

 それがわかってれば、もう少し進捗していたかな?
 でも、43師団はコマンド・レーティングが低くて、ポイントを砲撃等でばんばん使っていたので、日が落ちる(夜間ターンが近づく)頃には、コマンド・ポイント切れで息切れが。
 外科手術のような必要最小限の攻撃をしないとニーダー・ライン川には届かなそう。

 Fire Zoneについて今頃確認しているのはどうかと思うんですが、備忘録として書いておこうかと思います。

<Fire Zoneが1ヘクスとなる条件>
1 Barrageマーカーの置かれたへクスにいる
2 敵ユニットと隣接

 これがそのまま攻撃手順になるはずですが、砲撃後に移動できるかどうかはチットのめぐりに左右される(ターン終了時にBarrageマーカーは除去されてしまう)ので、臨機射撃の危険を冒しつつ接近しなきゃならない場面もありそう。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 00:44:25 «Edit»
2008
07/22
Tue
Category:ウォーゲーム

08/06/15 Gunslinger ここはOK牧場? 

 TDCを終えた後に、ぜひこれをとkotano氏が取り出したのがGunslingerでした。
 Gunslingerについてはよく持ってきていたA氏のイメージが強かったので、はじめは意外に思ったのですが、kotano氏は元々プロットものが好きな人ですし、独特な魅力を放っているゲームですから、意外でもなんでもないですね。プロットものがあまり好きとはいえない私も一度プレイしたいなと思っていたくらいですし。
 ルールはアヴァロン・ヒルらしくステップ・アップ方式になっていて、まずはガン・ファイトのみのルールを覚えるようになってました。
 行動は確か1ターン5単位で、前進・方向転換・照準・射撃等のカードをプロットしておき同時移動、射撃は専用のカードの山から引いてきて、距離と照準時間とカードを照合するというシステムでした。
 2対2の戦闘をやってみることになって、一方の2人をkotano氏、残り2人をkata氏と私で担当。
 シナリオを説明を見るとOK牧場の決闘(^^)
 もっとも元は4対3のところ人数落としているんで仮想なんですけど。

Gunslinger

 始めてみると、なかなか射撃が当たらなかったのですが、最初に足に当てられてしまいました。
 戦闘不能になったんですが、その負傷の表現がかなり細かくて、たぶん左手だったらまだ何か出来たかもしれないんですが、ひたすら疲労ポイントを蓄積してしまうので何もできず、気絶するのを待つという状態に。
 やがてkotano氏の一人とkata氏のキャラも撃たれて負傷。
 時間切れもあって終了しました。

 途中、不発とかもあって、なかなか当たらないのも、らしいのかなー、と思いました。たしか殴ったほうが当たるとかってA氏が言っていたような気がするんですが、さだかではありません^^;

 西部のヒーローになりたいのならCowboysのほうが、やったことはありませんがお手軽で楽しげなんですが、Gunslingerのカード・プロットにも心惹かれるものがありますね。やってて楽しいというより、これを使って何かできるんじゃないか、という部分が大きい気もしますけども。


tb: (0)    com: (0)
Posted on 01:27:54 «Edit»
2008
07/21
Mon
Category:Grand Tactical Series

08/06/15 TDC Adv. Scen. 2 "A Near Run Thing" 

 6月15日は前日に続き、The Devil's Cauldronをプレイ。
 アドバンスド・シナリオの2番目"A Near Run Thing"で、独軍左翼の2個KG(戦闘団)はkotano氏、同中央・右翼の計2個KGはkata氏。オール・アメリカン(+英コールドストリーム連隊)は私。

 連合軍はDispatchポイントがあるんですが、初期には反撃するような戦力がないので使いどころがなく(増援のコールドストリーム用なのでしょう)、独軍はDispatchポイントが与えられていない上、特別ルールでステップ・ロスを受けると戦闘団ごと壊走するかチェックしなければならず、それの修正用にCommand Pointを奪われて、なかなか攻撃できないようでした。

 砲撃の応酬が目立ったのですが、米82師団が防御地形にいるのに対し、独軍は移動中transport-modeのところを叩かれて壊走チェックを強いられたりして苦戦。
 また、82師団の高レートも目を引きました。歩兵だけの独1個戦闘団を1個大隊で隘路とはいえ平地に陣取って抑えてました。練習シナリオでも見ているはずなんですが、英第1空挺とのasault値の差は、装備の違い?米軍だから?(^^;
 
 配置上パンターを含む独軍左翼が一番奥深く入ってこれるのですが、砲撃も中央からシフトされ、コールドストリームが到着してほぼ攻撃の芽がなくなったところで、ついに壊走チェックに失敗、最終ターンにも入っていたので終了となりました。

 中央は薄いうえに抜ければ砲兵が無防備で(今回は。別の配置もあると思います)、左翼を抜けば橋梁が目の前。加えて機動可能な戦力もないので、連合軍側からはヒヤヒヤでしたが、独軍は1ポイントスタートのDispatchポイントと、壊走チェックがかなり厳しそうでした。

The Devil's Cauldron

tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:20:21 «Edit»
2008
07/16
Wed
Category:Combat Commander

08/06/14 Combat Commander :Europe Senario3 

 The Devil's Cauldronのアドバンス・シナリオ1は夕方に終わり、その後はコンバット・コマンダーのシナリオ3を初めてプレイ。
 41年の東部戦線、ブレスト・リトウスク近郊。同市に迫る独軍に対し、ソ連軍は防御態勢を整える時間稼ぎに、かき集めの兵で遅滞戦を試みるというシナリオ。
 ソ連軍を担当したのですが、いいところなく負けてしまいました^^;

 シナリオの指示で配置できる地雷原を右翼の森から中央の茂みにかけて配置したのですが、空けておいた左翼の平地に独軍は来てくれず、森の中を防御スタックを弱めては白兵戦、の繰り返しで突破され、VPが非常に高くなっているコマンド・ポスト(写真一番手前の灰色建物。機密書類が残されているらしい^^;)まで取られてしまいました。
 得点も大差になってましたが、除去ユニット数によるサドン・デス負け。
 臨時増援が格好の標的になってしまったほか、何といってもコマンド・ポストに配置された有能な指揮官が遊兵化してしまったのが最大の敗因だったと思います。左翼の裏返ったユニットを拾いに行ったのですが、争点となっている右翼に行くか、臨時増援とともにコマンド・ポストを守っているべきでした。

<"Bonfire of the NKVD" 終了時点> 
Combat Commander S#3

tb: (0)    com: (0)
Posted on 00:39:35 «Edit»
2008
07/15
Tue
Category:Grand Tactical Series

08/06/14 TDC Adv. Scen. 1 "Crossfire Huricane" 

 6月14日・15日とThe Devil's Cauldronのアドバンスド・シナリオ1・2をプレイしたんですが、1か月前とあって、記憶はもうおぼろ・・・。
 シナリオ1は、レッド・デビルズの右翼がA氏、左翼がKata氏で、独軍は私。
 前半は互いに右翼端を攻撃しあっていたのですが、終盤になって勝利条件を煮詰めてみると中央の補給投下エリアがこのシナリオの焦点と判明。しかし後半になってからでは厳しかったようです。はじめからわかっていれば、両軍とも初期配置自体かなり変わりそう。
 独軍としては増援の突撃砲1ユニットが非常に頼もしかったことが記憶に残っています。 

<14日、アドバンスド・シナリオ1終了時>
The Devil's Cauldron

tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。