ウォーゲームと読書の備忘録。

 

机上演習場

09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11
Combat Commanderの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 22:02:07 «Edit»
2009
04/13
Mon
Category:Combat Commander

パラ・パラの戦い 

28 March 2009
 一緒に注文してもらってたCombat Commander : Pacificを受け取りにkataさんちへ。
 手軽なものをひと勝負、ということでCombat Commander : Europeを対戦。
 シナリオは6。
 D-day翌日のサンメールエグリーズという設定。
 勝利得点の対象となるお屋敷には、米独両軍が配置できるのですが、迷った挙句、弱体のConscript(混成?)分隊ユニットを配置。
 さっそく蹴散らされましたが、時間稼ぎにはなったかも?

CC:E S5

 防御側の独軍を担当したので、手札は少ないし、配置のまずさか一方的にユニットを除去されてましたが、手札が煮詰まってもドンドン捨てて山札が無くなれば、Timeマーカーが進むので、カードプレイはあまり悩まず気楽でした。
 とは言っても損害ユニット数は米軍1に対し、独軍6。
 9ユニット除去による敗北もあるかな~と意識しだしたところで、ターン経過によるサドン・デスで、いちおう独軍勝利。
 舗装道路際に配置した独軍降下猟兵は踏ん張ってましたが、両翼から勝利得点家屋へ米軍迂回部隊が迫ってましたし、ろくに損害を与えずじまいだったので、勝利感はあまりありませんでした。
 プレイ中はイベントやらで楽しめましたけど。
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (0)
Posted on 02:41:30 «Edit»
2009
01/02
Fri
Category:Combat Commander

締めはまたもCC:E 

31 December 2008
 ナポレオンの黄昏を投了して終わってしまったので、2時間ほど空き時間ができてしまいました。
 "黄昏"は重い、というイメージがあり、途中までしかプレイできないと思いこんでいて、他のゲームの準備は全くしておらず、そう考えてみると我ながらけっこう楽天的なのかも、と思えてきますが、それはさておき。

 時間にほどよくて、ルールがある程度あたまに残っていて、入り込んでいた心を切り替えてリラックスしてできるものということでコンバット・コマンダーを。
 シナリオはあっさり、ということで1。
 そういえば前年最後のゲームも、これの初プレイでやはりシナリオ1をプレイしたのでした。

コンバット・コマンダー

 サイコロで決めて独軍担当。
 秘密の指令は、盤右の農場占領(4VP)。
 オープンのは盤端突破が2倍でした。
 ユニット数がソ連軍の半分なので、まとまっていた方がとも思ったのですが、VPスペースの多い左側も取れないまでも邪魔したくて、中央と右に2ユニットずつ。
 Fireカードがコンスタントに来て、SniperもEventも、ソ連軍がかぶってくれて、さきほどの"黄昏"の6の目連発を吹き飛ばしてくれる展開。
 問題の農場は、ソ連軍に先に入られてましたが、Ambush2枚を握ってAdvance!白兵戦突入!
 しかし、kataさんもAmbush2枚をオープン。
 戦力は5火力分隊+指揮官で5分5分。
 互いにここが天王山とみて、イニシアチブ・カードの行き交うサイコロの振りあいになりましたが、軍配は独軍に上がりました。
 その後もVPの変動はありましたが、独軍優位のまま、Timeトリガーが重なってサドン・デス終了でVP優位で勝利。
 Timeトリガーをよく引く方が負け、とはkataさんの感想ですが、同感。
 防御側の勝ちパターンというのもありますが、このシナリオみたいに互いに偵察でも、不利な方はTimeがサドンデス・ターンに近づくと焦らされますよね。
 私的に2008年は、コンバット・コマンダーとデビルズ・コールドロンのプレイ、そしてザッカー引退の年でした。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 20:34:52 «Edit»
2008
12/09
Tue
Category:Combat Commander

Allies-Attack x2 

 kataさんところでCombat Commander:Europeを2戦。
 1戦目はScenario 4で独:kataさん、米:私。
 場所はアルデンヌのどこかの町のお屋敷?
 カードの偏りに呻吟するうちに瞬く間にターンが進行。
 序盤に来たArtillery Requestを煙幕でなく砲撃に使ったのはおそらく悪手。
 Smokeの消えるタイミングとArtillery Requestの来る頻度をまだ把握していなかったのでした。
 また左翼は、屋敷外に独軍がいなかったのだから、道路を走って側面から屋敷にアプローチすべきでした。
 遅まきながら増援で来た工兵を走らせますが、Time!を3回くらい立て続けに起こして、あっという間のSudden Death判定も一発轟沈で為す術なく敗北。
 WireはScenario 3にもありましたが配置が難しいですね。このScenarioだと屋敷外の路上or壁沿いの木立という選択もありそうですが、個数を考えると屋敷際が手堅そう。
 Flamethrowerを1回くらいは使いたかったな^^;

<Scenario4終了時>
Combat Commander S4

 2戦目はScenario 5。
 引き続き独軍はkataさん、ソ連(ゲーム上の表記は露ですが):私。
 こちらはモスクワ方面のソ軍冬季反攻で、独軍にはTrenchが与えられ、ソ軍は全部隊GuardsSMG。
 冬季装備にSMGで頭に浮かんだのがダグラムに出てきたメカなんですが、kataさんに聞いてみたらビッグフット?との答えが。私の頭の中にある映像はソルティックっぽいんですが、ググってみても出てきませんでした。

 独軍配置が奥深かったので中央近くまで進出。その後前半は独軍と距離の近い右翼が戦闘の中心に。家屋とTrenchに籠る独軍は射撃ではなかなか崩れてくれないので、平地にMoveで挺身突撃。混乱ユニットが続出しますが、家屋の独1分隊が混乱しているときに、指揮範囲外のソ軍1分隊が突撃の機会を得ます。しかしAmbushを使ったにも拘わらず、サイの目で逆に壊滅・・・。

 しかし、今回はSniper、EventとTriggerが味方して、左翼奥の独軍MGチームが連続Sniperで混乱・除去する合間にソ軍左翼が前進。指揮官が混乱して、1分隊ずつMoveカードを使ったりしてましたが、かえって手札の少ない防御側にはいやらしかったかもしれません。
 それのおかげかどうか、右翼でも難渋の末とは言え、家屋を制圧。Heroが消えてはまた現れるTrenchも制圧して、独軍Surrenderとなりました。

<Scenario5終了時>
Combat Commander S5

 サマリーを作りたいと思いつつなかなか手がつかないんで、プレイ前中後に確認したところをとりあえずメモ。

・スタック:絵で7人まで、ターン終了毎に適用(超過分除去。除去前に分隊は班に分割可。8.2)
・Weapon(Ordnance含)使用:UnbrokenでUnsupprressなユニット(11.1)
・Group Fire Power:どれか1ユニットの指揮官修正後FP+その他のユニット数(O20.3.1.2)
・MeleeにはAdvanceが必要(O16)。Moveでは不可(O21.4)
・ユニット:兵士の絵のある3種(分隊・班・リーダー。Glossary)
・Melee StrengthはユニットFPのみ、Weapon無視(O16.4.1)
・Hand Grenades:1ユニットが隣接していれば(FPのベースでなくてもok。A34)
・Sustained Fire:MGがFPベースでなくてもok(含んでいれば。記述はat least one。A41)
・Artillery Requestは米軍で9/72=1/8
・Smoke除去:(1)Time!TriggerしたPlayerの選択で1個(must)。(2)Event:Breeze全て除去。各deck6枚
・数値口の効果
  FP Melee Strength+1, Assault Fire可
  Range Spray Fire可
  Movement Smoke Grenades可
tb: (0)    com: (0)
Posted on 23:20:21 «Edit»
2008
07/16
Wed
Category:Combat Commander

08/06/14 Combat Commander :Europe Senario3 

 The Devil's Cauldronのアドバンス・シナリオ1は夕方に終わり、その後はコンバット・コマンダーのシナリオ3を初めてプレイ。
 41年の東部戦線、ブレスト・リトウスク近郊。同市に迫る独軍に対し、ソ連軍は防御態勢を整える時間稼ぎに、かき集めの兵で遅滞戦を試みるというシナリオ。
 ソ連軍を担当したのですが、いいところなく負けてしまいました^^;

 シナリオの指示で配置できる地雷原を右翼の森から中央の茂みにかけて配置したのですが、空けておいた左翼の平地に独軍は来てくれず、森の中を防御スタックを弱めては白兵戦、の繰り返しで突破され、VPが非常に高くなっているコマンド・ポスト(写真一番手前の灰色建物。機密書類が残されているらしい^^;)まで取られてしまいました。
 得点も大差になってましたが、除去ユニット数によるサドン・デス負け。
 臨時増援が格好の標的になってしまったほか、何といってもコマンド・ポストに配置された有能な指揮官が遊兵化してしまったのが最大の敗因だったと思います。左翼の裏返ったユニットを拾いに行ったのですが、争点となっている右翼に行くか、臨時増援とともにコマンド・ポストを守っているべきでした。

<"Bonfire of the NKVD" 終了時点> 
Combat Commander S#3

tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。