ウォーゲームと読書の備忘録。

 

机上演習場

07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09
ウォーゲームの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --     com: --
Posted on 23:44:04 «Edit»
2010
03/13
Sat
Category:ウォーゲーム

積み木の七年戦争 

13 February 2010
 kata家にて、Prussia's Defiant Standを。
 七年戦争で定番のSPI/AH/HJのフリードリヒ大王は面白いゲームですが、1年ごとのシナリオ形式(Generalとかにヴァリアントがあるかもしれませんが)。戦役を通しでプレイできるゲームが欲しいなあと思ってました。
 GMTのClash of Monarchsに期待し、入手もしたのですが、これは2-4人用でかなり重そうなシステムでそのままお蔵入り。
 そういえば積み木のであったな~とこのゲームを思いだして購入したのでした。

 この日が初プレイで、プロイセンを担当。ザクセンを占領したのち、フランス軍を無力化したまではよかったのですが、オーストリア軍を攻めきれず。単調な攻撃を繰り返してじり貧となり、ランダムイベントで毎度動きの止まっていたロシア軍が、それでも最後はベルリンに突入してくるにおよんで投了となりました。

prussia'sdefiantstand
スポンサーサイト
tb: (0)    com: (2)
 (^_^)/おはよー 将棋もするの
今日のブログランキング見て訪問しました。
お隣さんなのでご挨拶です”よろしくお願いします”

ブログタイトルは”友遊クラブで楽しく生きよう!”です
  将棋サークルのホームページを管理している関係で当然に
  将棋の話題が中心です、あと私の日々の出来事を書き綴っ
  てます。

将棋サークルのアドレスは
  ”http://members.jcom.home.ne.jp/uuc/2010yyc/top.html
  です、よかったらブログとサークルのホームページにも
  遊びに来てください。


”ブログ訪問してると、知らないことに出会えて新鮮です。”
  by 友遊クラブ
 Re: (^_^)/おはよー 将棋もするの
ご訪問ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
今頃のコメント承認となってしまい恐縮ですm(_ _)m
時間貧乏になってしまい、ブログも将棋も遠ざかっておりました。

  by 青ヤギ
Posted on 23:17:26 «Edit»
2009
09/30
Wed
Category:ウォーゲーム

久々にゲーム 

20 September 2009
 kata家にて、久々にゲームをプレイしました。
 遅れておじゃましたころには、kataさんvs.kotanoさんの「入札級関ヶ原」がすでに佳境に。

090920GJ32

 はじめてということで、入札は自動決定を使用した模様。
 脇坂・朽木その他のいつもの4将は東軍に寝返ったものの、小早川は西軍のまま参戦とのこと。
 小早川秀秋、島津義弘・豊久は除去、三成は辛うじて除去を免れたものの、東軍勝利。
 確保した拠点1箇所(西軍自壊)と判定してたけど、東軍が元から持ってた分が入ってなかったかな?
 だとすると、2~6箇所確保(第二次関ヶ原合戦で西軍完敗、和睦。史実よりは良し)だったかも。




 続いて、私も加わって、謀略三国志を3人で(ほんとは4人からのゲームなんですが)。
 あ、どっちのゲームも北条投了さんデザインだわ。

090920GJ25

 3人ともある勢力を広げたあげく、大陸を放浪してまた別の勢力を広げてみたりして、中原は荒れてゆきます・・・。
 最終的にはkataさんが蜀、kotanoさんが呉、私が魏の味方っぽかったのですが、誰も勝利宣言をしないまま、4枚目の「新時代の足音」が引かれて終了。
 kotanoさんが諸葛亮、私は司馬懿だったのですが、kataさんは・・・左慈!
 kataさん勝利!
 結局今回も自分以外の正体は全然わからなかったのでした(^^;
tb: (0)    com: (0)
Posted on 00:19:23 «Edit»
2009
08/07
Fri
Category:ウォーゲーム

ゲーム箱とカードのサイズ 

 ゲームの箱とカード類のサイズのメモを発見。
 段ボールを買おうとしたときのもののはず。
 ホームセンターに行く機会があったとき、このメモは持っておらず、適当に1つ買ってきた覚えがあるのだけれど、その段ボールはいま見当たらず(^^;
 このメモも失くしそうなので、ここへ写しておこうかと。

 ゲーム箱(たぶんGMTのもの+アルファ) 25 x 32 (cm)
 Conflict of Heroes (Academy Games) 31.5 x 38.5
 Waterloo Fate of France (L2D) 31.5 x 39
 Cry Havoc (Standard Games) 30 x 42.5
 Empires of the Middle Ages (Decision Games) 29 x 44.5
 The Devil's Cauldron (MMP) 31.5 x 47

 以下、たぶんカードのサイズ。
 7 Ages 570 x 890
 Up Front! 射撃カード 575 x 890
        兵士カード 510 x 665
 No Retreat! 510 x 765
 Empires of the Middle Ages 575 x 900
 Clash of Monarchs 635 x 890
 Twilight Struggle 640 x 885
 Dominion 590 x 910

 プレイできんのかなって思うと、いくつかは保管するより処分したほうが良さそう・・・(^^;
テーマ:ウォーゲーム
ジャンル:趣味・実用
tb: (0)    com: (0)
Posted on 00:44:33 «Edit»
2009
04/02
Thu
Category:ウォーゲーム

Blood & Steel 

21 March 2009
 いりぞうさんとこへ、今回は車で。
 ある橋の手前で渋滞。
 やっと橋の上にあがると前方に煙が。
 ここはナイメーヘン?あそこはアルンヘム?
 この日は野焼の日だったそうで、たなびく煙は硝煙に非ず、野焼のけむり。

 いりぞうさんとこでは、L2DBlood & Steelをプレイ。

Blood & Steel

 テーマはクルスク戦南方、プロホロフカ戦車戦。
 1ヘクス=800m、ZOCなし。
 独:1ユニット=連隊で、SS3個師団が初期配置されます。
 ソ連:1ユニット=師団の消耗した前線歩兵と、3個旅団から成る空挺歩兵を、盤上の村その他にフリーセットアップ。
 1ユニット=旅団の戦車軍団が、ソ連プレイヤーの選択で、増援として登場します(最大5個軍団)。
 航空支援とソ連の砲兵支援を決定した後は、独:師団/ソ:軍団ごとにチットで活性化し、ユニット/スタックごとに、移動or射撃or移動・射撃or射撃・移動を行います。移動中、相手ヘクスに入ると近接戦闘になって、どちらかが後退or全滅するまで射撃の応酬。チットを引き終わると混乱マーカーを除去して、行動していないステップロス・ユニットの回復を行って、ターン終了。
 コマンドの付録になったSS:Panzerをもっとシンプルにした感じ。手元にないんでおぼろげな印象で、ですが。
 シンプルなルールでユニット数も少なく、あいだ駄弁ったりしながらも2回プレイできました。
 写真でいくと下方盤端(東)近くにプロホロフカがあるのですが、占領すると1点というのは盤上の他の村と同じで、独軍は北方盤端(写真だと右手)からの離脱に得点が設定されているので、あまり争点にはならなそう。
 ソ連軍戦車軍団は登場させない軍団毎に2点になりますが、2戦とも結局全て投入されました。

 1回目は中央のLAH師団が消耗して西方に下がった形で終了し、いちおうそれっぽい展開?
 村落はほとんどソ連側のままだったのでソ連勝利。
 ユニットは、1打撃で混乱、混乱状態で打撃を喰らうとステップロス、混乱+ステップロス状態で打撃を喰らうと除去なんですが、互いに慣れておらず止どめを刺せず。
 ソ連側戦車部隊の登場位置が南になることが多かったので戦場から遠かったのも大きかったかも。

 2回目は戦車軍団の半分ほどが北方に出て、2~3個軍団で集中攻撃を行い、独軍北翼が崩壊。
 それでもゲーム終了時、独軍が除去されたユニットは5個ほど。これは得点に関係しないんですが、1回目と同じく盤上村落のほとんどがソ連軍占領下のため再びソ連勝利。

 ユニット数の少ない独軍が盤上村落の占領数で勝るのは難しそうなので、ゲーム終盤には北方からの離脱が必須なのかも。
 南方の線路上の村落は、勝利得点上維持する必要があるので1個師団を張り付けておき、残り2個師団は盤上を駆け回って先制攻撃しつつ、最後は北方へ突破する、というのが勝利条件から誘導される展開のようです。
 射撃力は独軍が優越してますが、行動回数や移動力は両軍同じなんで、損害比はあまり差が出ないかも。そうすると突破後の盤上にはかなりソ連軍の戦力が残りそうな気がします。
 お手軽でいいけど、勝利条件は少し引っかかるなあ、という感想でした。
tb: (0)    com: (0)
Posted on 01:04:06 «Edit»
2009
02/13
Fri
Category:ウォーゲーム

お試しNo Retreat! 

12 February 2009
 No Retreat!をプレイしてみました。
 はじめは訳してからなどと思っていたのですが、1頁で挫折。
 さすがにひととおり目をとおしてはいたので、いい加減な説明をしてバルバロッサ・シナリオを開始。

NoRetreat!

 ルールを間違える前提でいたせいか、戦闘後前進を忘れたり、第3ターンの天候がMudなのを忘れたりと、ルール間違い以前のミスをしてましたが、まあ肩慣らしということで勘弁いただきたいところです。

 陣営を入替えての第2戦は、独軍:kataさん。
 レニングラードをFortになる前にと攻撃。
 誰が呼んだか韋駄天ハインツのカードを出して、自動のDRで、ハイ陥落。
 1戦目は北方軍集団の戦闘後前進を忘れてたような気がするんですが、要塞化前に接敵されないよう手を打つ必要あり?
 ソ連軍は、あっさり包囲されるような位置に出したりして、出すユニットがことごとく除去され、カードを補充に使い切ってしまい、手元に残らず。最低1枚くらいは残しておきたいところなんですけど。
 冬になって、どうやらモスクワは安泰とみて目算すると、得点で独軍勝利の見込み。
 どこか戦線の弱体化を期待して、地図上どこかで独軍1ステップロスのパルチザンカードを出したところ、ステップロスされたのは、フィンランド駐在の独軍。
 ぐっ、確かにマップ上には違いないです、はあ。

 それと前後して包囲された1個方面軍を、味方ユニットがいればZOCtoZOCができるというルールを利用して退却させたのですが、いま一つ、英文あるいはルールの意味がうまく取れず。味方ユニットのヘクスで停止するのかどうか。停止だとソ連軍では不可?
 しっくりこないまま、とりあえず可でゲームは進行。プレイ中だと、自分に有利に解釈しがちなんですよね、いけないと思いつつも(^^;
 これができるなら、と最終ターンの攻撃を企画しましたが、しっくりこず。どのみち勝算の見込みのない攻撃で、独軍勝利の結果でした。

 そのあと、Dominionも試してみたのですが、帰り道、運転しながら、つらつら考えていたのは、このルール(8.5.3)の適用についてでした。
 ZOCから友軍のいるZOCヘクスへの移動は可だが、そこでストップっぽい、と思って、帰りついてルールを読み返しても、これだけの記述じゃ、いまひとつ・・・と思ったのですが。
 Geekでだったかで拾った"Rules Outline.rtf"に"still must stop"とあってスッキリしました(^^)
 行間が読めなきゃなあ、とは思うんですが、なかなか・・・。
 もう1回プレイできれば、そのときはまあまあ適切なルール解釈でできるかな?
 ヘクス+イベント/補充カード、面白いと思うんで何度かプレイしてみたいところです。
 
tb: (0)    com: (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。